本屋でんすけ にゃわら版

本屋さんのイラスト多めのフリーペーパー『にゃわら版』 切って厚紙に貼れば店頭POPにもなります( ・ω・ ) 『ウチにも置きたい!』という店舗様はご自由にどうぞ。文芸カドカワにて連載中。はじめての海外文学フェア https://hajimetenokaigaibungaku.jimdo.com/ の団長です。

記事一覧(9)

船出 ―もちろん猫も―

昨日、書店のポイントカードの登録で、職業欄に“自由業”と入力した。“自由業” 働くっていうことはどこかに所属しなければ!という脳ミソしかなかった自分がまさかこうなるとは思ってもいなかった。本屋を退職しようと決めたとき、出版業界をいろんな角度から見てみたくて、次は取次か出版社で働きたいなぁとボンヤリ考えていた。特に書店と近い営業の仕事があったら声をかけてほしいと知り合いに頼んでいたのだけれど、やっぱり“私”には書店で働いて欲しい!とたくさんの出版社の人達に言われ、メールで送られてきた求人には『契約社員 9時~23時シフト制/時給960円/交通費1000円』とか『アルバイト 9時~23時シフト制/時給850円/交通費ナシ』とかそんなのばかり。前の職場で退職者のひとりに、私が次はこういう仕事がしたい!と前向きな話をしていたら、『私は図書館の仕事を紹介してもらえるからいいけど、バイトしかやったことない人は正社員になんかなれないよ!出版社の仕事だって簡単じゃないんだからできない!バイトはバイトのままなの!そういうもんなの!』と言われたことを思い出した。そんなんやってみなきゃわからないでしょうよ!と思ったけど、あの時はみんなストレスでおかしくなっていたから、私はコレを100%そのままの意味で受けとめてはいない。でもこういう求人が集まってくるっていうのはそういうこと?と不安になる。バイトは一生バイトのまま、という“世間の常識”を私が知らなかっただけ?とりあえず、依頼されていた絵の仕事をしながら、私に会ってみたいと連絡をくださった方には業界問わず、片っ端から会いに行った。そうしているうちに私と“業務提携”したいという話がいくつかあって、『ん?業務提携?私と業務提携して何かそっちにいいことあるの?』と思ったので、そういう質問を相手にしてみたら、“経験・人脈・技術・行動力・企画力・でんすけ・自分が窮地に陥ってる時に本読んでブログでオススメしちゃう変態っぷり”に魅力を感じました、と言われて笑ってしまった。(余談ですが、前回の記事で紹介した『はじめての著作権法』がamazonのランキングで1位になっていたそうです、ありがとうございます……?)ここでもどうして?と聞いても答えてくれなかった『絵の仕事はやめた方がいい』という人からのアドバイスを思い出してしまって、果たしてやっていけるのかしら?と盛大に悩んだ。……が、もうこの頃には半分ヤケクソなのと、『どうせなら今まで無かった仕事をしようじゃないのー!』と、かなり気持ちがBIGになっていたので、清水の舞台からコードレスバンジーする勢い(もちろん死にたくないのでパラシュート装備)で、いろんな出版社のお手伝いと絵の仕事をするフリーランスになった。今まで集団の中で働いていたから、ひとりぼっちで働くようになったら淋死するかと思ってたけど、そうでもなかった。週3で出版社に通い、他の出版社のイベントを手伝ったり、依頼された拡材を作る“なんでも屋さん”は、自分の担当の棚のジャンル問わず仲良くしてくれたたくさんの出版社の人や大学の先生や作家さんや翻訳者さんたちとこれからも一緒に仕事ができる一番良い方法だったかもしれない。これを読んでいる人の中には『肝心のお給料は?』と気になっている人もいるだろうから書いておくと、週5で7.5時間働いていたアルバイトのときよりも、税金とか保険料とか自分で払っても手取りと“空いてる日”がかなり増えました。なので、この“空いてる日”に他の仕事を入れています。いまホントに楽しい。いや、わりといつだってその時の『今』が一番楽しいのだけど、ここ1年くらいよろしくなかったので余計に楽しい。よきかな完全に筏レベルの舟で漕ぎ出した感はあるけれど、後ろにはシッカリと福の神なのか貧乏神なのか微妙なでんすけも乗ってるので海が荒れそう(笑)これからどうなるかいろんな意味で楽しみ。

ひとつの本屋で起きたこと。

猛烈にご無沙汰してしまいました。でんすけのかいぬしです。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、2018年3月31日で10年務めた丸善キャンパスショップを退職しました。さて、だいぶ気持ちが落ち着いてきたので“ひとつの本屋”であった出来事として書いておきます。長くなりますし、若干暗い話なのでそういうのが苦手な人は回れ右!よろしくお願いいたします。************実は退職したのは私だけではない。ベテランスタッフ(勤続10年20年含む)7人が退職した。12月に入った新人数名もほとんど辞めた。理由はほとんどが『店のリニューアルで職場環境が悪化して疲れた』というもの。そもそも店のリニューアルで店の面積が半分になると言われたのは2017年3月中旬。(店の縮小は丸善側の決めたことではありません)4月上旬からはじまる大学売店の1年の売上の大部分をしめる絶対に失敗できない繁忙期・教科書販売が間近に迫っていてスタッフがピリピリしていた頃だ。それから、リニューアル自体は良いと思うし、スタッフの意見を聞いてコミュニケーションとりたいのはわかるのだけど、“今は”教科書販売が一番大事!失敗できないんです!と何回言ってもリニューアルすることが“楽しくなっちゃってる”丸善キャンパスショップの本部は繁忙期の最中だというのに『どういう店にしたい?明日までにデータ作って!』『店キレイになるよ、よかったね~、この紙に棚の配置書き込んで?明日までにね。』と本部の人がしょっちゅう来て、ある意味営業妨害してくるので店長含めスタッフのフラストレーションは大きくなっていった。しかもそうやって繁忙期に本来の仕事を投げ出して考えた配置やデータが全く考慮されない状態で返ってくるもんだから尚更だった。これに費やした私たちの時間はなんだったのか?人に意見を求めるけれど、聞かない。そういう本部に信頼感はほとんど無くなっていった。★★★繁忙期も終わっていよいよ棚の構成を考えなければならなくなっていた頃、私は『岩波文庫はなるべく少なくするように』と言われてイライラしていた。岩波書店の本は基本的に返品できない“買切”という制度。でも大学の書店では教授が大好きだし、授業でも使うし、他の出版社の文庫よりはるかに売れる。そりゃぁ選書が悪けりゃ在庫が増えるけど、2ヶ月ごとに100冊は注文しているけれど、ほとんど売り切れますよと言っても『もう注文はしないで在庫だけでまわして』と言われたのでカチンとキてその日のうちに100冊近く注文した。(悪い店員だな、真似しないように!)それもほとんど売り切れた。でもそういう店の特徴や実績は関係ないそうだ。リニューアルで店は半分になるけれど、私が最近勉強している海外文学の棚も小さくていいのでつくろうと思っていた。でも本部の人に『君には選書できないだろうからちゃんとした人にやってもらって』と言われた。なんかもうすべてが空しかった。実力とか今までやってきた活動とか何にも信用されてない。★★★ 仕事中に店の固定電話に『あ、(私の本名)さん?あのさぁ、お酒飲める?』という質問ダイレクトの電話があった。名前も顔も公開せず活動してきたので、声で私だとわかるなんて絶対会ったことあるはずなんだけど、あまり聞き覚えのないおじさんの声だった。私『失礼ですが、どちら様でしょうか?』と聞いても『いや、そうじゃなくて、お酒飲める?』と繰り返すおじさん。私が少し強い口調で『飲めませんが?』というと『あぁそう、じゃあ飲み会行けないね~、じゃあいいです(ガチャン)』と電話は切れた。何だったのだろう?私と親しい人は私がザルみたいな顔してアルコールアレルギーだということを知っているから、こういう質問は来ない。さすがにちょっと気持ち悪くなって本部の人(4/1時点の店長)に報告したら、返ってきた答えが『ストーカーと結婚する人もいるよ?』だった。このセクハラはやめよう!っていうご時世に、いきなりクソみたいな持論を披露されてあきれてしまった。あまりに『なに?惚気?』みたいな雰囲気で言われたので報告しなきゃよかったと思った。このころ自分の手入れが出来なくなって、化粧水やトリートメントのフタが開けられなくなり(面倒とかそういう感覚でもない。たぶん精神的なもの)、背中まであった髪がボサボサになり肌も荒れ始めたのをたまたま見た鏡で気付き驚いて、その日のうちに短髪にした。あれは鬱への入り口だったと思う。危なかった。★★★ リニューアル中は学内の臨時部屋で事務だけの営業。もちろん専門学校や検定の受付ができないのでクレームが来た。あたりまえだ。私が学生の立場だったら不便だと思う。予想はしてたけど、思ったよりいろんなことが制限されての営業だった。本部に報告してもほとんどリアクションなし。“上”がやったことのリスクをかぶるのはいつも末端だ。★★★ 後期の教科書販売とともにリニューアルオープンしたために、スタッフは教科書販売が大事!丸善キャンパスショップ事業部の本部はかっこいいリニューアルが大事!という食い違いが発生した。店の面積が半分以下になってただでさえ教科書を置くスペースがないのに『洋書がいっぱいあった方がかっこいい』という理由で洋書の棚が3スパン。教科書や毎年かなり売れる簿記のフェアを置くはずだったイベントフェア台も全部洋書。『教科書は教科書販売中に買ってもらえばいいし、店には置かなくていい』という指示だった。本部は他店に自慢するための写真をバシャバシャ撮ってご満悦だったけど、それから教授から『教科書が継続して置かれないのはどういうことだ!』と何件も電話があって、その度にスタッフが謝罪と説明をして本部には報告していたのだけど、それも本部からのリアクションはなかった。そんな中、店長に『本部からの命令なんだけど、働き方改革で、週5の出勤日を週4にしてほしい』と言われてもう本気で辞めようと思った。本部の『かいぬしさんは唯一残業しない人だから』という意味不明な理由も『だから週4にしても仕事終わるでしょう』という意味らしい。この多く使っちゃった人件費を真面目に働いてる人を休ませてチャラにさせようというのは結構前から何度かやられたけど本当におかしいと思う。★★★2017年11月に1人、12月に3人、2018年1月に2人退職。日に日に棚が荒れていく。私は最後の二人が無事に退職するまで手伝えればよかったので2月から週2の出勤にしてもらった。(退職を3月末に設定したのは担当している棚のフェアの終了に合わせたため)新人サンに『新店長は新しいスタッフは20代の若い店にしたいんだそうです。』と言われ、知識より若さを取る理由がわからなかった。正社員でも全く問題ないくらい知識があって自分で行動できる人が揃っていた。それを“バイトだけでまわってる簡単な店”という捉え方をされてしまったようで、20年法律の本を担当していた人でも新人で補えると自信満々に思ってる新店長の感覚は今でもわからない。結局、教科書担当も辞めてしまったので2018年度の教科書は本部でやることになった。★★★3月上旬、本部の営業さんに『店長になってほしい、一度出した(私の)退職届を一旦ひっこめさせた』と言われた。ベテランスタッフがほぼいなくなって、さすがに限界を感じたらしい。私は『勝手すぎるし、虫がよすぎやしませんか?』と言った。それは認めてたし、他のスタッフが辞める時に止めたけどみんな辞めてしまった、と。どんな止め方をしたのかと思ったら、『辞めないでよ』と言ったらしい。そんなの子供でもできるだろう。部活じゃないんだから。お金の交渉を何故しないのか。私たちはアルバイトだ。東京の最低賃金で働いてる。その賃金でこの傾いた店の店長をやれと?冗談じゃない。もっと高額な時給をくれたら店長補佐ならやってもいいと条件を出しても提示された時給は納得できるようなものじゃなかった。★★★ 本部の教科書の発注がとんでもなく酷くて、出勤する度に出版社と教授からクレームをもらうようになった。発注ミスが多々あり、 どうなってるのかその都度本部にメールし対応してもらったが、私が言った通りに発注数を出した新人の予定注文数を新店長(ストーカーと結婚する人もいるよ? の人)が倍の数にして発注していたせいだった。そのミスのひとつに、本来100冊注文するAの本を800冊・800冊注文するBの本を100冊注文したものがあって、教授が『どういうことなの!』とご来店された。私もそれがどうしてそうなってるのかは本部に聞いてみないと本当にわからなかったので『教科書担当に確認してご連絡します』と対応したのだけど、その他にも『最近この店の対応がおかしい!店長と副店長が辞めたなんて聞いてない!普通挨拶に来るんじゃないの?あなたベテラン辞めさせてどうゆうことなの?教科書販売をなんだと思ってるの!』と言われて完全に心が折れた。リニューアルした時に『店を小さくしてどういうつもりだ!』と怒られたのも私だ。私が店を小さくしたわけじゃない。私がベテランを辞めさせたわけじゃない。(むしろちゃんと挨拶しなよ!と何回も言っていた)私がミスしたんじゃない。もう気づいた時にはその教授に『私だって同じ気持ちですよ!努力しました!でもバイトの分際じゃどうしようもできないんです!』と言い返して店頭で死ぬほど泣いた。先生もびっくりして『何も知らなくてごめんなさい』と肩をさすってくれたが、もうこれ以上誰かに何か言われたら精神的にもう働けなくなりそうだと感じて自分の持ち物と仕事を片付けに行くだけの2日間を残して次の出勤日から人生初の登校拒否をした。★★★本人には何かしらの計画があって、私たちが思い通りに動かなかったのかもしれないが、ほとんど新店長たったひとりの無茶なマネジメントと心無い言動に疲弊してスタッフがいなくなってしまった。退職までの出勤日があと2日という時、出勤すると支店長(店長の上司)が来て、私に『じゃあ残ります』と微妙に言わせようとしてるんだろうなという内容の話を延々聞かされたので全部『頑張ってください』と返した。その最中に、『あ、にゃわら版のことだけど、僕の方で確認書を出しといたから』と言われて私は血の気が引いたのだった。【下の記事に続く】

はじめての海外文学フェア Vol.3 いよいよスタート!

はじめましてのお客さまもそうでないお客さまもこんにちは。“本屋でんすけ にゃわら版” というイラストいっぱいのユルいフリーペーパーを制作しております、覆面店員のでんすけのかいぬしと申します。 海外文学好きのフェア発起人酒井さんから引き継ぎ、海外文学超ビギナーの私と猫のキャラクター“でんすけ”がやんわりと団長をつとめる『はじめての海外文学フェア』も今回で3回目。(発起人の酒井さんから引き継いだ経緯はコチラ)今回は前回以上にお客さまと翻訳者のみなさま、取次店トーハンの『ほんをうえるプロジェクト』さま、各書店さま、各出版社さまとたくさんの応援してくださる方々に、もうひとりじゃ立てないレベルで支えられまくっております。 このフェアは書店や出版社の垣根を越え、海外文学のプロ“翻訳者”さんから読者さま(特にビギナーさん)へダイレクトに世界の面白い本をオススメしてもらおう!という企画です。 最近、海外文学は売れない!とよく聞きますが、みんな海外旅行も行くし洋画も見るじゃない?何で本だけ売れないのでしょう? なーんてカッコつけて疑問を投げかけてみて気付く。……ねぇ、もしかして私たち書店員も海外文学読んでなくない?読まなさすぎて自信持って『この海外文学面白いです!』って言えなくなってない?っていうかもういっぱい出すぎていてどっから手を付けていいのか分からなくない? そんな私たちにも翻訳者さんがオススメするこのフェアはいい教材になると思います。私は一緒にお勉強させていただいてちょっとずつ成長している気がします、たぶん! 今回も翻訳者さん達にお願いした選書の条件は1回目とほとんど同じです。本体価2500円以内であること、今回新しくつくった児童書部門は子どもに向けて、それ以外は大人(もちろんどの年代でも楽しめます)に向けての推薦本です。大人に読んでほしいYAなどは大人向けの方に入っています。そうそう、今回はフェアと連動した読書会をはじめました。その名も『はじめての読書会』 どんな読書会かと言いますと、はじめての海外文学vol.2、vol.3の選書の中から1冊選び、その本の翻訳者さんと海外文学好きの書店員さん、出版社の編集さんにその本についてトークをしてもらうというものです。後半はみんなで意見交換をします。司会は書評家の倉本さおりさん。場所は外苑前のグローカル・カフェをお借りしています。読書会の雰囲気は和やかで、発言したい人は発言するというスタイル。『発言してください!ハイ!そこのアナタ!』とは言われないので人の話を聞いている方が好きなお客さまも安心(?)して参加できます。 このイベント、友人の『かいぬしさんって読書会に呼んだら来ます?』の一言に私がビビッたところから生まれました。私が大学の中の書店に勤めているものですから、よく先生方から『読書会での生徒の発言がよくてさ~』などと聞いていたので、なんとなく“本をメッチャ読み込める人が難しそうな意見交換をするところ”というイメージがへばりついていたのです。そんなところで海外文学ビギナーの私がトンチンカンなこと言って場がシラケたらどうしよう!せ、せめて“見学”という制度があればいいのに……。 ……つくるか(早) ということで私のようにどういうものか分かれば他の読書会にも行く勇気が出そうという人って他にもいるのでは?と思い、フェアのプロジェクトメンバーのみなさんにご相談して実現しました。本当に新規のお客さまが多く、はじめての読書会第1回、第2回とたくさんの方にお集まりいただきうれしく思っています。 12/17には『はじめての海外文学スペシャル』という翻訳者さんが海外文学フェアで自分の推薦した本を全力でオススメするイベントが今年もあります。昨年はあっという間に満席になったイベントなので今から楽しみです。 最近、本を読むことって、本の中の世界に入り込んでいくように見えて、実は外に出ていくことなんじゃないのかなって思うことがあるのです。たまたま出逢った本を読み、行ったこともない遠い国の土地や人を想像し、普段考えないようなこと考え、感じる。それを他人と共有する。 知らない・分からないということは恥ずかしいことではないと思います。私は読んでいて気になったものを調べたら全然違った(笑)なんてこともたくさんありますが、それはそれでいいのでしょう。分からないことを知ることは楽しいことです。 そういう世界を私たちにも読めるように翻訳してくださっているその言語の翻訳者さんに感謝しながら、この楽しみをあなたとも共有したい。 それではみなさま、今年も本屋でお逢いしましょう。いい出逢いがありますように。『はじめての海外文学vol.3』 はじまりはじまり~。

はじめての海外文学フェア Vol.2スタート!

“本屋でんすけ にゃわら版” というイラストいっぱいのユルいフリーペーパーを制作しております、でんすけのかいぬしと申します。…全然自己紹介になってないですね(笑) 顔と名前を出さずに活動しているのでご了承ください。さて、前回の【50人に聞きました!老いも若きもまずはこの1冊から はじめての海外文学フェア】から1年以上経ってしまいました。せっかく話題になったフェアで、こういうものこそ続けていくべきなのにこの1回で終わってしまうなんてもったいないなぁと思ったのです。…なーんて偉そうなことを言っている私はこのフェアの発起人の酒井さんのように小さいころから本や海外文学に親しんできたワケではなく、“超”が付くほどのビギナー。こんな私がどうしてこのフェアを引き継いだのか疑問に思う方もいらっしゃるでしょう、少しお話させてくださいね。もともと私は18歳までに読んだ本が児童書3冊!活字が大嫌い!(でした!)という書店員としては珍獣的な過去の持ち主なので、海外文学も難しいって聞くし、『どうせ私のレベルでは児童書までが楽しく読める限界!』だと思っていました。2015年の6月頃でしょうか、芥川賞作家で立教大学文学部教授の小野正嗣先生に『画伯みたいにブッ飛んだヤツは絶対この本が好きだ!!』と、若干余計な一言とともにオススメされたのが岩波文庫の『巨匠とマルガリータ』(上下 ブルガーコフ著/水野忠夫訳)でした。『エー!海外文学なんてほとんど読んだことないのに上下巻⁉ しかもロシア文学⁉ 岩波文庫って(イメージ的に)難しいやつじゃん!!』と読む前から盛大に拒否反応が炸裂したところ、『絶対好きだよ!猫出てくるもん!』……猫?(←猫好き) そ・そうね…ロシア文学もいいかもね…。せっかく自分のことをよく知っている人がオススメしてくれたのだから、騙された(失礼)と思って読んでみよう!とチャレンジ。『ほらー、やっぱり名前が長くて覚えられないよぉ…、そもそもロシアなんて○—チンとプル○ェンコとピロシキくらいしか知らないし…。』とブツブツ言いながらも読み進めるうちに、ベルリオーズの首が飛んだあたりでニヤリとしたのでした。あれから1年。もう拒否反応は出ません(笑)なんてアッサリしたキッカケなんでしょう。もったいなかったなぁ。そう、きっと好きになるキッカケなんて簡単なこと。本当はこういう自分の好みをよく知っていて『おまえにはコレだー!』とオススメしてくれる人がみなさまの周りにも居ればいいのです。でもなかなかいないですよね。だったらこのフェアがお客様にとってそんな存在になれないかしら?と思い、酒井さんに『引き継がせてほしい』とお願いしました。さて、引き継いだところまでは良かったのですが、『どんな人に選書をたのもうかなぁ〜♪』なんて暢気に考え始めたら、ひきこもり体質で友達極少の私には選書をたのめそうな海外文学読みなんて50人も集められないことに気付いちゃって、さぁ大変。初っ端から挫折すると人間って開き直るんですね。『こうなったらプロフェッショナルにたのみたい!…そうよ!友達がいないなら海外文学のプロ!翻訳家にたのめばいいじゃない!!!』←コネ無し。そんなワケで、他店の書店員さんや、立教大学内の先生方、“にゃわら版”でお世話になった翻訳家の方に仲のいい翻訳家を紹介してもらい、またその方から紹介して紹介して紹介もらい…時には直接会いに行って!なんと52人の翻訳家のみなさまが協力してくださいました!すごい!大感謝です!選書の条件はほとんど前回と同じです。それを今回は【ビギナー篇】と【ちょっと背伸び篇】に分けてあります。選書ももちろんですが、『読みたくなるような推薦文をお願いします!』とワガママなお願いをしてしまったのですが翻訳家さん達がリクエストに応えてくださって推薦文を読んでいるだけでも楽しくなりますよ。店頭フェアでは1冊1冊にPOPを付けてありません。推薦文は本の帯に書いてありますので、どうぞ手に取って読んでみてください。そして中身をパラパラしてみてください。たまーに本を触っていると中身を読んでいないのにビビッとくる本があるのです。“そういう本”ってたぶん、“自分の本”なんだと思います。直感って大事。ぜひ店頭で本に触ってください。52冊とその周辺に置いてある本の中の“あなたの本”が見つけてくれるのを待っています。それではみなさま、本屋でお会いしましょう。いい出逢いがありますように。【はじめての海外文学フェアvol.2】はじまりはじまり〜。